<   2009年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

感動的なライブ

昨日は、ものすごく好きだったグループのライブのイベントを行なったのですが、
あまりに感激して、ご本人に挨拶する際は、瞳が潤え、声が震えてしまいました。
(そんな自分にビックリ。)

仕事を続けてよかった。

と思える一日でした。

8月からもがんばるぞーーー。
[PR]
by urawhich | 2009-07-31 17:43 | 散文

わかんない

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090724-00000046-spn-ent
[PR]
by urawhich | 2009-07-24 20:50 | 散文

ボブヘア

前髪をたっぷりとつくり、後ろ髪をまっすぐに切りそろえた「ボブヘア」も
そろそろ飽きてきたなぁ。。。(世の中もこのヘアスタイルに定着しつつあるし。)

次なるヘアスタイルは、
TAOのようなヘアスタイルに思いきりチェンジしようかどようか悩み中~。
[PR]
by urawhich | 2009-07-20 19:35 | 散文

久しぶりの平日呑み

昨夜は、もう「何ヶ月」かぶりに、
平日「会社帰りの飲み会」に参加してみた。

やはり、アフター5の飲み会は楽しい~。

とはいえ、今日はボロボロです。

3連休に仕事を残しても、
今日はゆっくりとやり過ごそう。。。
[PR]
by urawhich | 2009-07-17 16:10 | 散文

7月15日

今日は、元職場の同僚で現在も共に働き、昨秋には一緒にパリに出張もした友達が、
会社を辞めた(正確には、本日が最終出社)。

あーあ。Opera界隈を散策したり、パリのマクドナルドで夕飯食べたりしたことが、
とてつもなく大事な思い出となってしまった。
充分楽しい出来事だったけれども、もっと一緒にパリ滞在を楽しんでおけばよかった。


新しい職場でも頑張って。
そして、
これからも、「ご職友」としてよろしく。
[PR]
by urawhich | 2009-07-15 19:58 | 散文

やっぱり、今週もマイケル

この時期、マイケル以外の音楽が聴けなくなってしまった。
英会話スクールに行っても(私のエコバッグとTシャツがマイケル・ジャクソンのため)、
ひたすら先生とマイケルの話で盛り上がる…。

先生に「なんで、そこまでマイケルに執着しているの?」
と聞かれ、
「受験勉強していた時期も、恋をしていた時期も、友達と授業をサボって、
マイケルの歌を聞きながら遊んでいた時期も(その日、その夜にマイケルのコンサートに行った)
親とケンカして家出したときも、マイケルの音楽が近くにあったから」
と熱く語ったら、妙に納得された(苦笑)。

この週末、耳から離れなかった曲は、

・You Rock My World
・Rock with me
・You are not alone
[PR]
by urawhich | 2009-07-13 12:01 | 散文

ひたすらマイケル・ジャクソン

明日は、いよいよ追悼式。
時間があったら、10万円を払ってでも参列したかったな。

この一週間は、もうマイケル・ジャクソン以外の音楽が耳に入らないっ。
そして、毎晩のように狂ったようにテレビの特番を観ています。
(マイケルこそ、虐待の被害者なのだと勝手に信じているので、胸が痛みます。)


全曲集が出たら、絶対に購入する予定。
[PR]
by urawhich | 2009-07-07 11:58 | 散文

MJ

息抜きのように、ひとり言感覚で書いているブログだけれども、
「読んでくれている人」がいることをたまに知ると、とっても恥ずかしい。

でも。

このブログは、「息抜き」だから、これからも淡々と書いちゃおう~。

* * *

マイケル・ジャクソンが亡くなってから一週間。
ずっと、耳からマイケルの歌が離れない…。

初めてマイケル・ジャクソンの曲『スリラー』を聴いたときの
衝撃は今でも覚えていて、馬込の家からバスに乗って大森の本屋さんに
マイケル・ジャクソンの半世紀本をドキドキしながら買いにでかけたこと、
それが今でも鮮明な記憶として残っている。
話しているところも、動いているところも見たことがないのに、
歌声を聴くだけで、いつもドキドキしてた。

その後は、『スリラー』の全パートをテープ起こしして、
エレクトーンで演奏してみたり、高校時代はコンサートに行ったり、
大学時代にテキサスのベイラー大学に行った際は、
『ブラック オア ホワイト』の曲バックに、「チャンバラ・ショー」をやってみたり…。

少なくとも13歳~35歳までは、マイケル・ジャクソンの曲は、
確実に常に私の生活の近くにあったので、自分のキラキラとした青春時代も
マイケルがいなくなったことで、とうとう終わってしまったと悟った。

今日、耳から離れない曲は
「Remember The Time」
[PR]
by urawhich | 2009-07-03 17:11 | 散文