<   2008年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

クラシック音楽に夢中

なんか、この画像面白くない?
シューベルトがスニーカーを履いているんです。

クラシックの音楽家といえば、学校の音楽室の肖像画に
あるような人々…と思うのは、もう古い(らしいっす)。

例えば、
モーツアルトといえば、下ネタ大好き・女大好き、贅沢大好き。
シューベルトといえば、売春宿に入り浸って梅毒患者となる。
チャイコフスキーといえば、同性愛者…
と、実は人には言えない奇癖を持つ人ばかり…。これぞ、天才なんでしょうか…。

それでも、そんな奇才たちが感動的な名曲を作りだすことで、
さらなる大きな感動があるように感じます。

よくよく考えてみると、名画といわれる映画には、
クラシック音楽が多く使用されています。
5月は、ちょっとクラシック音楽に興じてみようかな?
[PR]
by urawhich | 2008-04-25 17:00 | 散文

ジョギングはサイコー!

昨晩、久しぶりに皇居を一周(5キロ)走りました。
少しずつではあるけれども、前より辛くなくなってきたような……。
しかも、今の季節は夜風が心地よいから走っていて、とても気持よかったです。
ジョギングの後に、近くの銭湯で軽く汗を流し、女4人で中華料理屋へ行ったのですが、
皆は「せっかく走った(カロリー消費した)からという理由で、なぜかソフトドリンク。
一人で、生中を3杯飲みました…。
でも、やっぱり走った後のビールは最高★

おかげで、夜はしっかり眠れたり、
今朝も朝から、カラダが軽~い。

5月11日の大会に向けて、
走る回数を増やしていく予定です!
[PR]
by urawhich | 2008-04-23 18:55 | 散文

齢には勝てません…

日曜日の結婚式、相当みんな頑張ったせいで、
昨日と今日は、みんなボロボロ。もちろん、私もボロボロ、ボロ…です。

が、しかし、今晩は皇居の周りを走ります!


今年の連休は、社休の関係で、
29日~6日まで、ぶっちぎりで休み


連休中に、顔面針にでも出かけ、
顔疲れの修復に勤しみたいと思っていますー。
[PR]
by urawhich | 2008-04-22 12:01 | 散文

4月の結婚式

昨日は、結婚式。
朝7時~夜8時までバッタバタでした。

ジューン・ブライドって言葉があるけれども、
4月の結婚式って、いかにも「スタート」にふさわしい感じがしていいな。
私のキャラに似つかわしくなく、「もらい泣き」を多くしてしまいました。

それにしても、みんなのファッションはすごかった。
(あらためて着物にしておいてよかった…。)

これまでの会社絡みの結婚式といったら、
平気でデニムを履いていく…というようなカルチャーだったので、
昨日のファッショスタたちの姿には、ほんとうに見とれました。

次回は、ドレスで参列したい。


ただ一つ思ったのは、ジョギングをしている人ほど、
やはり、脚線美であること。
シルエットが綺麗。

どんなにドレスが美しくても、着こなせないと意味ないもんね。

やっぱり、これからも走りつづけなくっちゃ。


おっと。

もちろん、花嫁が一番綺麗でした!
バーニーズ・ニューヨークが大好きな二人。
しかも、新居が「銀座」の二人。

これから、お二人は益々ファッションセンスを磨いていくことでしょう。
楽しみ。

私も、研鑽しなくっちゃ。
[PR]
by urawhich | 2008-04-21 12:02 | 散文

音楽の宿題

やばい。今日はヒマです。
(貧乏性なので、ヒマになると不安になるアタシです…。)


ネットサーフィンしてたら(というよりはAPOGEEで検索していたら)、

http://www.hmv.co.jp/news/article/712260107を見つけました。

やっぱり、好きなミュージシャンが好きな音楽なだけに、
好みに共通点があるものだけれども、特に嬉しかったのが、

★永野亮さんの推薦曲

・ Jamiroquai
・Lou Reed “Walk On The Wild Side”
(私もこのCDは壊れるほど聴きまくったので、APOGEEの音楽ルーツがここにあるとしたら、
感激このうえないです。ルー・リード最高☆)
・Michael Jackson
(中学生の頃、エレクトーンで弾きまくったアーティストのひとり。言うことないです。)
・Prince “Ballad of Dorothy Parker”
(私も中学生の頃、聴きまくった。言うことないです。)


★内垣洋祐さんの推薦曲
・ヤバイ。知らない曲ばかりだわ。連休に聴かなくちゃ!

★真野航さんの推薦曲
・どうしよう。やっぱり知らない曲ばかりだわ。連休に勉強します!

★大城嘉彦さんの推薦曲
・Claudio Arrau
知らないけれども、ドビッシーのトリビュートらしい。
コメントに「儚さ」とあるけれど、確かにドビッシーを好きな男性には「儚い」ものが好きな人が
多いように感じる。激しく納得。

・Gonzales “The Tourist
約2年前の秋に、ヘビロテで聴いていたため、ここに挙がっているのを知り、テンションあがりました!


さ。テンションあがったところで、これから仕事します!
[PR]
by urawhich | 2008-04-18 11:44 | 散文

ヘルシーオーラ

昨日は、ランチに合わせて昔の同僚が会社へ来てくれた。
私と会った第一声が、

「なんか、違う人みたーい。ヘルシーオーラが漂ってる~」

え?…。そっか、私、健康的なんだ、今。

と実感できた瞬間(笑)。


ちなみに、

●今日の予定はネイルサロン⇒yoga
●明日の予定は着付けサロン⇒ジョギング
●明後日の予定は着付けサロン⇒大人セレブ婚へ出席


なんか、忙しいけど楽しいなぁ


やっと日曜日、「着物を着る(髪をセットする)」という
イベントが終了するため、終わったらこの「ロックな髪型(もじゃもじゃ)」をチェンジする予定。

お目当てのヘアスタイルは、相武沙季~。
[PR]
by urawhich | 2008-04-18 10:50 | 散文

憧れの人

とにかく最近は、やたらと20歳前後の記憶が蘇る。

今朝は目が覚めたとたん、不意に高校時代一番仲がよかった友達のお兄さんのことを
思い出した。私よりも8歳年上のお兄さんは、

★昭和女子の憧れ!慶応ボーイ(しかも高校から慶応)
 (私の母の口癖は「加山雄三は慶応ボーイなのよ!」。…………。
  ちなみに、しょこたんの故パパと友達だった)
★とにかく、かっこいい! 
 (しょこたんの故パパに負けないくらいハンサムで瞳キラキラ。 
  かつ、太宰治のような小説家っぽいセクシーさがあった。)
★音楽やってる!(自宅に、お兄さん専用の防音室があった!)
★ほんとに(←これポイント)モテる!
 (当時友達から、よく色んな女性とデートしたり、旅行へ行っているお兄さんに、
 『彼女何人いるの?』ときいたら、『わからない』と言われてさー呆れるよ。。。と聞かされた。
  ちなみに、友達もお兄さんも血液型B型)

というような感じで、16~17歳くらいの私から見たら、「ザ★大人の男」(笑)。


ある日、友達がお兄さんに高校のクラスの集合写真を見せたところ、
私のことを指さして「大人になったら、この中では●●が一番いい女になるね」
と言ってくれたらしく、それをまた友達は私に話してくれたものだから、
その日以来、お兄さんと会うたびに心臓がバクバクしてしまって、
目の前にいてもお話できなくなってしまった。
(今でも、思い出すだけでドキドキします。)


そんなお兄さんは、ときどき(友達を介して)私にカセットテープをプレゼントしてくれ、
なんだろう?? と思いながらカセットを聴くと、山下達郎とか佐野元春とか
インコグニートとか、とにかく色んなミュージシャンの曲が季節に合わせて
編集されていて、今思えば多感な思春期の頃に随分とお兄さんから音楽の影響を
受けているのだなぁ……と感謝しています。


ちなみに、そのお兄さんは、すっかり生活が安定し、
サラリーマンを辞めて公認会計士の資格をとり、たぶん今は2児のパパです。
今でも、あの家には音楽室があるのかな。
子どもの勉強部屋になっていたりして……(笑)。
[PR]
by urawhich | 2008-04-17 11:06 | 散文

逞しい女に

ふと気付けば、来月またひとつ歳を拾う。


今月の日経新聞「私の履歴書」が面白い! 執筆者は、扇千景さん。
昔の京都の話は、父が小学校時代、歌舞伎役者の息子の何人かが
同窓だったこともあって当時の話をよく聞いていたし、また昔の東京の芸能話も
親からよく聞かせれていたため、読んでいると懐かしさがこみ上げてくる。


扇千景さんの見た目の華やかさ(?)と性格のタフさ(図太い。キツイ。大胆。潔い。)は、
私の祖母にそっくり(苦笑)。今月は、毎日祖母のことを思い出してしまう。


祖母は、2004年の5月2日に他界したのだけれども、
それから私の人生が、変わりました。

色々苦労しながらも、なんだろう「願ったこと」「思ったこと」が
必ず実現するのです。これは、とても不思議です。


昨年、ひょっとして「祖母が見守ってくれているのかな?」と感じて以来、
毎日のように祖母が遺してくれたアクセサリーやジュエリーを
身につけているのですが、それ以来益々パワーアップしている感じ(笑)。


読書家でもあった祖母が高校生だった頃の私に、強烈に薦めた
ノーベル文学賞受賞のパール・バックの『大地』という本があり、その女性主人公(つまり作家本人)が
あまりにも激動を生き抜いてきた逞しい女性だったため、思春期だった頃の
私は辟易してしまい、途中で本を閉じてしまったのだけれど、
そろそろ読んでみようかなぁ。。と思えるようになりました。


あと、もうひとつ祖母の格言

「女は30歳過ぎたらタバコを吸え。」
(30歳過ぎた私は、まだタバコを吸わず、会う度に
「●●ちゃんは、タバコは吸わんのか?」(←一応京都弁)と強要されて続けていました。


うーん、まだ吸いたくないな(苦笑)。
[PR]
by urawhich | 2008-04-16 13:02 | 散文

人間ドック受診対象の皆様へ

今日、会社のPCに「BCC」で届いたメールの件名が、

人間ドック受診対象の皆様へ


はいはい。
私も、そういう歳になりました。
[PR]
by urawhich | 2008-04-15 19:36 | 散文

夢の中 闇の中

今思えば、赤面してしまうような大胆&厚かましい行動を先週末してしまいました。
でも、おかげで大切な思い出のひとつになりそうな楽しい夜になりました!
迎えいれてくださった皆さまに、心から感謝!

楽しく、そして悶々と悩み続けた蒼い学生時代に戻れたようなひとときは、
まさに青春? いや、夢の中にいるようでした。
なのに、今日は会社のPCを叩きだしてから、ずーーーーーーーーんと闇の中……。


成し遂げたい目的を一つ達成してしまった。

次の夢に向かって、また、努力していかなくちゃ。
[PR]
by urawhich | 2008-04-14 13:23 | 散文