カテゴリ:アーティスト( 11 )

元祖★王子サマ

13年ぶりに、オザケンがツアーをするって~!

ちょっと興奮
[PR]
by urawhich | 2010-01-19 20:13 | アーティスト

Heart Of Gold

APOGEEの2009年ツアーファイナル・ライブが赤坂ブリッツで開催。
仕事が忙しくて、やっと千秋楽の この日にライブが観れて満足、満足。

ライブを観た人の感想は、様々だけれども
私にとっては、はじめて観た時と同じような感覚を持つことができた。

APOGEEの魅力は、言葉と音と行間。

しばらくは、ずっとHeart Of Goldがアタマから離れなさそう。
[PR]
by urawhich | 2009-11-24 13:50 | アーティスト

上昇気流に乗り始めたAPOGEE

f0014788_10414935.jpg 昨夜、待ちに待ったAPOGEE@渋谷CLUB QUATTRO “Touch in Light Tour 2008” に行きました。

昨年からライブを観る度にノックアウトされて帰るのですが、その「ノックアウト」の度合いは、昨夜は更にすごくなっていて、これはもう言葉に表現できません!!

今日からしばらくは、もう楽しみがなくなってしまい「ぼぉーっ」としそうです。心がからっぽ。

今後、APOGEEがどうなっていくのか? 心から応援しつつ、ウォッチしていきたいです。
[PR]
by urawhich | 2008-03-28 10:52 | アーティスト

孤独観

週末は、忙しいわけでもないのに慌しい2日間だった。

昨日は、上司から勧められた『さあ、自分の才能に目覚めよう』(日本経済新聞社)という
本を茶店にこもり熟読、そして宇多田ヒカルの『HEART STATION』を聴いた。

宇多田ヒカルは、私と同じで名前がカタカナ。
子供時から、「●●ちゃんは、藤圭子の娘と同じで名前がカタカナなのよね」
と親戚から言われまくっていたため、勝手に親近感を抱いている。

でも実際に、デビューした時からの彼女の詞や発言からにじみ出る“(本質的な)意味”や
両親や他人(大切な人をも含む)への考え方(ある意味、自身の孤独観とも言える)や、
人生の紆余曲折に至る、その“(本質的な)理由”について、あまりにも多くのことに
共感できるため、最初は驚いたけれども、最近は私以外に
「私と似た感性」を持っている人がこの世にいる、と(勝手に)思えることがすごく嬉しい、
と思えるようになってきた。
(生まれ持った才能や資質、そして境遇は全く持って異なるのだけれど……。)

個人的には、アルバムは『First Love』が一番好きで、
それ以降は、ちょっと買う気にはなれなかったけど、
『HEART STATION』は、よかったな。



昨夜は、楽曲『HEART STATION』と『Flavor Of Life』に、ほろっとしながら
渋谷・公園通りを徘徊してました。
2008年春、私の頭の中では、宇多田ソングが、がんがん流れそうです(笑)。
[PR]
by urawhich | 2008-03-24 10:10 | アーティスト

閃き

昨日、APOGEEのライブを西麻布yellowで観ました。
今回で、3回目。
もう、完全にノックアウトされた感じ。
(女性の観客では、おそらく私が一番高かったように思われます<苦笑>。)

音も詞も演出も映像も、バンドの人たち一人一人のセンスにも、
こんなにも刺激を受けたのは何年ぶりなんだろう?
私の人生で、ここまで心酔できるミュージシャンには
もう出合うことはないと思っていたため、なんとも言えない嬉しさが
体の中から、こみあげてきています。
というわけで、朝から「Touch in Light」をずっとリピートで聴きまくり。
完全に洗脳モードに入っています。

彼らの曲「アヒル」のPVの映像ですが、
ちょっと芸術家ダリやマルグリットを連想させる世界観が素敵。http://www.youtube.com/watch?v=nUqiZzTQNGg

はっきり言って、この人たちはカッコ良すぎる。
[PR]
by urawhich | 2008-02-03 15:17 | アーティスト

イケメンに囲まれた土曜日

今日は、久しぶりに美容院!
月曜日にネイルサロンへ行き、今日は美容院!
ということで、着々と様々な忘年会へ向けて、「武装」準備中(笑)。

昼間、先週見逃したテレビドラマ『SP』を観た。

もともと、堤真一の大ファン!
というか、超・ど真ん中の「理想のタイプ」。

幼少の頃は、テレビドラマ『西部警察』で五分狩りヘアの渡哲也にさえ
「かぶりつき」!だったほどなので、『SP』の役柄の堤真一は、もうたまりません。。。

観終わって、しばらくぼぉーーーーっとし、「あ、やば。時間もったいないっ」
っていうことで、今仕事しているのですが、
BGMに流している、森大輔は、やっぱサイコー。
音楽が理知的だし、
盛り上げ方が、私の気分にピッタリ~。
テンション↑わ。


さ、今日はどんな色に髪を染めようかなぁ~。
(久しぶりに瞳の色に合わせて明るい茶色にしようと画策中。)
[PR]
by urawhich | 2007-12-15 14:52 | アーティスト

lavita

昨夜の台風はすごかったですね。

大事にしている、傘が壊れました(泣)。

そんなすごい嵐の中、「飲み会」の約束があり、
20時半からミッドタウンの近くの「LAVITA」というBarで、
素敵な女性経営者と若き20代青年実業家、そして凡人のワタシと
3人で飲み会。
(目的としては、なぜかそれぞれと親しくしている女性経営者と青年実業家を
結びつけることを、ワタシが計画。)
たくさんお話したけれども、もう覚えてない。。(苦笑)


唯一覚えているのは、小林果鈴さんというジャスボーカリストと名刺交換したことくらいかな。
10月にライブがあるとか。
ちょっと興味あり。

それにしても、体調崩して薬飲んでからすっかり胃が弱くなり、
食が細くなりました。(悩み)
[PR]
by urawhich | 2007-09-07 18:49 | アーティスト

鋼と硝子でできた声

鋼と硝子でできた声

これは、オフィスオーガスタ所属の新人アーティスト秦基博の
キャッチコピー。

たしかに、そんな感じの声。
でも、ここに所属しているミュージシャンってみんな
そんな声だぞよ。
社長の好みかしら。。。

最近、クリアボイスのメジャーな男性アーティストって
あんまりいないな。。。
例えば、高野寛のような…。
[PR]
by urawhich | 2007-03-28 10:35 | アーティスト

今一番気になる、イケメン“ウェントワース・ミラー”

f0014788_14413724.jpg
     
                                彼の瞳は、左右「色」が違うのだとか…。

今、毎日アタマの中から離れない、イケメン「ウェントワース・ミラー」。

「24」を超える人気ドラマ、というキャッチコピーで、昨年アメリカのFOXで放送"Prison Break/プリズンブレイク"が放映されましたが、その主役のマイケル・スコフィールドを演じて
いるのが、ウェントワース・ミラー。
彫りの深い顔に、強くてクールな眼差しがたまらない。。。
それもそのはず。ウェントワースには、黒人の血が1/4はいっているのだとか。
イギリス生まれのニューヨーク育ち/プリンストン大学卒業、ということで、
知性もみなぎっています。
ちなみに歌もうまいらしい!

ところでドラマの内容は、副大統領の兄を殺害し死刑執行が確定した、マイケルの兄リンカン。実はリンカンは、誰かにハメられた。この無実だと知った弟であり主人公のマイケルは兄を救うため銀行強盗をでっち上げ、刑務所へ入る。間近に迫る兄の死刑執行の日に向けて、緻密に計画された脱獄計画を遂行する…。

9月の「24_5シーズン」が始まるまで、ウェントワースの虜になりそう。
まさにーーー、真夏の夜の夢です。
[PR]
by urawhich | 2006-08-15 14:51 | アーティスト

ライブはやっぱりイイ。

「最高な週末」を過ごすために、最近すっかりサントリー・プレミアム・モルツにハマる
日々だったけど、ちょっと心惹かれるニューフェースが現れた…。

それは、アサヒ・プライム・タイム

CMタレントと音楽は、山崎まさよし。
これまで、山崎まさよし、といえば、四谷天窓フォーバレーでライブをやっていた人、
という認識くらいしか興味がなかったのだけれど、明日の商品に合わせた、
本日の商品発表会(@マンダリンオリエンタルホテル)で、マスコミとファン100名
位に行われた「シークレットライブ」で、すっかり心を奪われてしまいました……。
  

げ。 目の前3mくらい先で、山崎が唄ってる…。


これまで、DVDやテレビで山崎まさよしのライブを見てきたけれど、
「生」はやっぱり、違いました。
このヒト、別格。うまい! すごい!! サイコー!!!

3曲ライブが終わった後、心に灯りがともったような暖かさを感じました。
音楽のパワーって、すばらしいですね。

CMソングにもなっている「ADDRESS」という曲は、すごくいいです。
ちなみに、アサヒ・プライム・タイムと共に明日発売!

CM映像も、とてもいいです。
サントリーにとっては、強敵です(笑)。


山崎まさよしのサイトへ行ったら、こんなのを発見!
↓山崎まさよし オリジナル・ピック↓f0014788_18291170.jpg
[PR]
by urawhich | 2006-06-27 18:30 | アーティスト